ARCHIVES
TAGS
作品たち
妹の結婚式に向け頼まれていた作品のお披露目。
妹夫婦が両親への感謝のギフトを手作りしたものです。
Image074.jpg
落ち着いた作品に仕上がりました。

生徒さんの作品も載せておきます。

Image071.jpg
こちらはYさんの作品。
40cmの大皿です。お刺身を盛る皿という生徒さんの要望に応えての制作となりました。
ただの板皿では面白くないので釉薬が引き立つ波模様を入れてあります。凹凸があることによって
釉薬の陰影がはっきり出てよい仕上がりになったと思います。
Image079.jpg
こちらはいつも大胆な作品を作るDさんの作品。
今回は渋めのお皿にしたいとの事で黄瀬戸釉薬に織部釉薬とトルコ青を流し掛けしました。
Image080.jpg
こちらは私の作品です。
以前エスケープで鯉のぼり作りをしたわけですが参加できなかった方から子供の初節句に購入したいというお便りを頂きました。
子供鯉のぼりの乗った落ち着いた雰囲気の作品に仕上がったと思います。
Image083.jpg
こちらはHさんの作品。
小皿3種です。
Hさんは今小皿を大量に制作中です。
このタイプの小皿が素焼き乾燥状態を含め13皿。最近嵌っているそうです。
同じものをいくつも作ると手際も良くなり制作時間も短縮され出来上がりの精度も上がってきた様に思います。
私も生徒さんに感化されながら新しい作品作りをしたいと思います。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ウエディング
妹の結婚式も後6日となりました。
私もウエルカムボードや両親への贈り物などのお手伝いをしましたが
一番大変だったのは母親でしょう。
リングピローとウエルカムベアを作ってと妹に頼まれ
凝り性で妥協のない母親が必死で作り上げた作品がこちら。

IMG_0001.JPG

IMG_0006.JPG

どちらも見事な出来栄えです。
私の器用さは完全に母親譲りで父親場びっくりするほど不器用なので
器用さの面では母親のいいところを受け継いだんだと思います。
着々と準備が整ってきた妹の結婚式。
当日が楽しみです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
いらっしゃいませ
料金滞納でたびたび落ちるhiziri craft blogへようこそ。
今日は朝冷え込みましたがお昼になるとポカポカ陽気でした。
博物館周辺の桜も7分咲き。週末には満開になるかと思います。
ただ週末はお天気が悪いとの事なのでお花見を考えている方は土曜日までにぜひお越し下さい。
今週末の日曜日には毎月第一日曜日恒例、博物館の日が開催されます。
お天気は悪いですがそちらもご参加いただけるとありがたいです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
2つの桜祭り
28日、29日と広見公園周辺で2つの桜祭りが開催されました。
広見桜祭りと博物館さくらまつり。
どちらも多くのお客様に来ていただいて博物館周辺は一年で一番忙しい日となりました。
残念ながら桜は3分咲きといった所でしたが晴れ渡った春の空はとても気持ちが良かったのではないでしょうか。
私も運営にかかわった人間として楽しませていただきました。

以前ブログにて4月のカフェでの陶芸教室のお話をさせていただきましたが
日にちを勘違いしていたので正式に決定した情報を載せておきます。
4月25日(土)17:00~
場所:カフェエスケープ
料金:3000円(夕飯付き)
定員:4名
講座内容としては小皿を作るということになっております。
前回は18:30スタートで夕飯が遅くなってしまったという事も踏まえて
万全を期しての開催となるように準備して行こうと思いますのでお時間がありましたら是非ご参加下さい。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
夕飯
今日は一日変な天気でした。
朝曇り昼まで大雨、夕方晴れ。気温の変化が激しすぎて若干グロッキーです。
そんな日は美味しい夕飯ですよ。
しっかり食べて力をつけないといけません。
家に帰ってみると嫁が体が重いとの事。
気温の変化が悪かったのか昨日遊びに行ったのが悪かったのかは
判断しかねる所ですが変わりに調理場に立つことに。

完成した今日のメニュー
IMG_0031.JPG
帆立のバター醤油焼きレモン風味
IMG_0032.JPG
黒豚の生姜焼き
海苔の味噌汁、ネギぬた、マグロのお刺身と揃って豪華な夕飯でした。
博物館が一年で一番忙しい博物館さくらまつりも今週末となりました。
前日には広見桜祭りも開催されます。
桜の見ごろも丁度日程と合うと思いますのでぜひ足を延ばしてみてください。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する