ARCHIVES
TAGS
楽焼
楽焼と聞いて皆さんが一番に思い浮かべるところは何処でしょうか。
私は遊園地を思い出します。
朝、遊園地へ行って帰るころには出来ている絵付け体験です。
今回この遊園地の思い出を甦らせてくれる楽焼の練習会に参加しました。
楽焼と一言に言っても遊園地で体験したのは引き出し式といわれる方法で800℃~900℃で15分ほど焼くという方法です。
今回で4回目の練習会との事でした。
過去の失敗例を聞くと、下絵の具がはがれてしまった、楽焼用釉薬が濃すぎて黄色い発色をしてしまった、など中々上手くいかなかったようですが、今回の調合では満足のいく結果が出たと思います。今後やってみようと思われる方は参考にしてみてください。
楽焼用の釉薬は比重計で38で良いかと思います。濃すぎると下絵が流れたり黄ばんだシミのようになります。
下絵の具ですがCMCを混ぜるなどして素地に絵の具が付きやすいように調整すると良いかと思います。水100ccに対してCMCを2gほど添加(こちらの作業は2,3日前に行っておいてください)
濃すぎる下絵の具は釉薬が付かない原因にもなります。楽焼用の下絵の具にもたくさんの種類がありますので一概には言えませんが薄目から調整していったほうがいいかと思います。色ムラが気になるようでしたら筆を置くように描くと良いと思います。ですが濃くなりすぎることもあるのでこちらも注意が必要です。一般的に広い面積を下絵の具で塗るというのは困難な作業ですのでワンポイントなど広い面積を描かないほうが綺麗に仕上がると思います。
また焼く前に釉薬掛けなどで付いた作品の水分を窯の傍で蒸発させてください。急に入れると破損の原因になります。
温度も800℃~900℃ということですが900℃で15分焼成が一番良かったようです。金バサミで作品を引き出した後空気中で10分ほど冷ましてください。空気中で冷ますことにより、その後、水を張ったバケツに入れ急速冷却しても割れを防ぐことが出来ます。およそ3時間で4回~5回の窯入れ窯出しが可能です。
参考にしていただければ幸いです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
カケモチ
陶芸教室と作家としての活動そして博物館職員と掛け持ちの生活が今年から始まったわけですが思っていたより充実しています。
職場も皆さんいい人なので好かった。
今はアパート住まいですが2月頭にはアトリエのある実家に戻る予定でいます。
通勤時間も短縮できるし作家としての活動にも時間的ゆとりが出来そうです。
明日はいよいよ指導員初日です。
緊張しやすいノミの心臓ですが頑張っていこうと思います。
来た方に楽しんでいただく精神は自分の陶芸教室と志は一緒ですので。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
カケモチ
陶芸教室と作家としての活動そして博物館職員と掛け持ちの生活が今年から始まったわけですが思っていたより充実しています。
職場も皆さんいい人なので好かった。
今はアパート住まいですが2月頭にはアトリエのある実家に戻る予定でいます。
通勤時間も短縮できるし作家としての活動にも時間的ゆとりが出来そうです。
明日はいよいよ指導員初日です。
緊張しやすいノミの心臓ですが頑張っていこうと思います。
来た方に楽しんでいただく精神は自分の陶芸教室と志は一緒ですので。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
お仕事
市の臨時職員として働いているわけですが博物館ということもあり普通の一般企業とは違い色々面白いことをします。基本的には講師としての仕事が大半を占めるのですがそのための下準備や施設の管理、修理も行います。小学校への課外学習や博物館への社会科見学など春先は増えていくそうです。火起こし体験の道具作りなども仕事内容に入っています。
工作質に篭りっきりで半日火起こし道具を製作した日もありました。
陶芸に関係することは野焼きの準備や季節の焼き物講座、チャレンジ焼き物講座の準備などがあり勉強になるなと思います。
10日は季節の焼き物講座(実際の名称は陶芸歳磁器)があり、お雛様とお内裏様を製作するそうです。明日はその準備をする予定でいます。
毎日変わったことをするので楽しく仕事ができている状態で充実した毎日を過ごしています。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
還元作品
行方不明中だったUSBカードリーダーを探し出しました。
還元で焼けた生徒さんの作品をアップしていきたいと思います。
携帯画像ですので解像度は、ご勘弁を。
Image053.jpg
およそ30cmの大皿です。
信楽赤土、電動ろくろ引き、三号石灰釉薬を使用しています。
呉須(ごす)による下絵付け、竹をモチーフにしています。
Image054.jpg
サラダボールです。
信楽赤土、手びねりの作品、天目釉薬を使用しています。
Image055.jpg
40cmの角皿です。
信楽赤土、タタラ作り、天目釉薬、チタン白マット、ガラス粉に呉須を溶きいれスポイトを使用し線入れしました。
Image056.jpg
マグカップです。
信楽赤土、手びねりの作品、天目釉薬、チタン白マット釉薬を使用しています。
天目釉薬を施釉後にコンプレッサーで白マット釉薬を吹き付けてあります。

還元は酸化焼成に比べガスで炙る事で窯内の酸素を極力少なくすることによって焼き上げることをいいます。
酸化焼成では得られない色や風合いを出せるので私はほとんどの作品は還元で焼きます。
また近いうちに私の作品もアップできればと思っています。
今日はこのあたりで。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する