ARCHIVES
TAGS
本焼き終了
本焼き終了しました。
酸化焼成は私の峠教室では1240℃まで上げます。
今回は難しい温度管理世必要とする釉薬が入っていなかったため今回は、すんなりと仕上がりました。
釉薬によっては冷ます際900℃でしばらくキープするなど色々な管理を必要とするものもあります。
およそ2日冷まし窯出しとなります。
今日の生徒さんの作品。
IMG_0292.JPG
四角小皿です。
IMG_0294.JPG
こちらのお皿は足つきです。
四角いお皿に四角い足が4つ。
大きさは15cm角です。

ただいま自宅を大改装中です。
明日はその模様をお届けできればと考えています、お楽しみに。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
本焼き窯詰め
窯詰め終わりました。
明日は酸化焼成で焼こうと思います。
今日も教室でしたが明日も教室、年末は忙しいですね。
酸化焼成というのはそのまま電気炉で焼くだけなので特に注意点はないと思います。
最近の窯はマイコン制御で温度管理をするのも出回っているようですが、そのような便利な機能は私の窯には付いていませんので時々様子を見てスイッチの切り替えをします。
それでも基本的には、ずっと見張っているわけではないので登り窯や穴窯に比べれば簡単です。
富士市内の市街地では公害の問題もあり電気炉やガス炉、灯油窯辺りしか使えないのです。
穴窯にも良さもありますが電気炉にも良さはあります。
また穴窯風に仕上げることも可能ですので一概に穴窯>電気炉というわけではありません。
今日は通常教室の日ではないのですが年内にどうしても焼きたいという生徒さんの作品がありましたので急遽来ていただきました。
IMG_0285.JPG
娘さんがバスケットをやっているそうで応援グッズの必勝牛だるまです。
チームのみんなの分も含め25個背番号と名前入りです。
私も協力し3時間で何とか完成までこぎつけました。
Yさんお疲れ様でした。
IMG_0287.JPG
こちらも生徒さんの作品です。
チョコレートフォンデュ鍋です。
竈の穴のデザインが中々オシャレに出来たのではないでしょうか?
直火で使うものなので土鍋用の粘土で作ってあります。
粘土の質感としては収縮しにくいように混ぜ物が入っていますので荒い土です。
この作品に関しては年を越してしまいますが美味しいチョコレートフォンデュを召し上がっていただければと思います。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
クラフトフェア
本日4月18日19日に行われる予定の清水クラフトフェアの出展申し込みをしました。
せっかく第一回目から連続出展中だったのに前回は落選してしまいましてかなりショックを受けました。
出展応募者は年々増えているそうでかなり全国的にも大きなクラフトフェアになってきたと思います。
書類選考と写真選考があり駅前広場と商店街あわせて200店前後の募集のようです。
とのことで今年は昨年と違い気合を入れて作品写真を送りました。
やはり、どこにでもありそうな作品は写真選考には勝てないんだなと痛感しました。
IMG_0273.JPG
水玉カップ
IMG_0283.JPG
以前載せましたがルレットを使った長皿です。
今年はこの2作品で勝負したいと思います。
結果は2月中には届くようですので今年は出展できるかドキドキの毎日を過ごそうと思います。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
釉薬掛け
年末になると陶芸も忙しくなります。
年内には生徒さんの作った作品を渡してあげたいということで
釉薬掛けが忙しくなるためです。
いろいろな形いろいろな色いろいろな絵付け
生徒さんが書く模様やデザインも、とても勉強になります。
作家として独り立ちすると学生時代とは違い人の作品を見て学ぶということが極端に少なくなります。
人の作品を見ることで感性が磨かれより良いものが作れると思うのです。
井の中の蛙にはなってはいけないなと感じながら生徒さんに作る作品に刺激を受けている毎日です。
陶房聖では釉薬は私が調合し作っています。市販の釉薬というものも色は安定していて使いやすいのですが一言に陶器を焼くといっても窯や焼き方によって色合いや風合いが変わるので自分で調合したほうが融通が利くというのも自分で作る理由です。
将来的には原料もある程度自分で作ってみたいなという気持ちはあります。
焼き物の色は理科の実験で覚えがあるかもしれませんが炎色反応による鉱物の発色により色を出すことが出来ます。
緑色なら銅、青色ならコバルトなど鉱物の発色がそれぞれ違うのです。
焼き方にも酸化、中性、還元と3種類あり同じ鉱物でも発色が違ってきます。
今日は3人の生徒さんで釉薬掛け前回作った作品の仕上げなど盛り沢山の教室でした。
皆さん忙しかったと思います。本当にお疲れ様でした。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
忘年会
昨日のことになりますが陶房聖忘年会が開催されました。
さすがに2次会まで行ってしまいましたので当日アップは無謀でした。
忘年会の様子はデジカメの電池切れのためそば打ちの様子と料理の画像をアップしようかと思います。
soba1.jpg
soba2.jpg
soba2.5.jpg
soba3.jpg
蕎麦を打つ前に料理の下ごしらえをしていたので洋服がビショビショですが、気にしないでください。個人的には80点くらいの出来でした。
sarada.jpg
suumai.jpg
motu.jpg
料理は魚介のネギ塩ダレのマリネ、ツナサラダ、手作り帆立シュウマイ、醤油ベースのモツ鍋です。その他、生徒さんの差し入れの大量のビールやチュウハイ、ケンタッキーのナゲット、デザートには杉山フルーツの生ゼリー、イチゴなど頂きました。
個人的にロイズのチョコレートチップスもいただいてありがたい限りです。
DさんAさんSさんIさんありがとうございました。
余った分は美味しく私が頂きます。
その後、2次会ではカラオケへ。
およそ2年ぶり。自分が歳をとったと思うときはカラオケで最新の曲が歌えないときと知りました。
人数は多いわけではありませんが生徒さんが一同に集まって忘年会をするという事は始めてのことだったので、どうなるかと思いましたが楽しい時間がすごせたのではないかなと思います。
来年以降もこういう会が設けられたらなと思う私でした。
最後に茹で上がった蕎麦を。
soba5.jpg
皆さんお疲れ様でした。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する